読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDのおっさんの挑戦状

最近ADHDが発覚したおっさんの話

おっさんになってからADHDと分かったんだが

おっさん(大人)のADHD

あれー。なんか前回更新から大幅に空いた気がしますがまああれから転職や転職転職してました。都合5回ぐらい今年に入ってからの話。そこへきて本家のブログ更新は怠ってなかったのですっげー激務でした。

 

この年にになると妥協に妥協を重ねても転職に最速でも1ヶ月は開くので焦燥感ハンパなかったです。

 

で今はって言うと某駅前にてティッシュ配りのバイトをしておりまして。

 

今日はそこまでの話とこのブログタイトルが変わった経緯まで書けたら書きます。

 

 

 

 

 

思ったより社会生活では無能過ぎた

 

 

 

 

 

私はここに来るまで無職と自営業の合わせ技で生きてきたようなもので、自営業ってのはミスは全部自分に返ってきてその辺は案外肝が座って度胸がついちゃうの。

 

 

f:id:jyugeru_09:20160906210041j:plain

 

 

そりゃまあ村の~時間の~時間でーすって颯爽と現れたあの仕上がりでテレビに出てきた斎藤清六ばりには度胸ついちゃいますよって感じです。

 

 

それがまあ昨今のさくらと一郎的な流れに巻き込まれて敢え無く休業したんですが、なにかしないと生きていけない。なので昨年から派遣で仕事に行ってました。

 

 

ところが思ったより全然仕事出来ないの。いやまあ簡単な感じの仕事選ぼうが派遣なんて社内だでやらされる仕事が範囲固定されてるし出来ないことの方が多いくらいも関わらずまず仕事が覚えられない。

 

でもその派遣は頑張ったんですよ。毎日13時間は会社にいて残業してました。本当に金がなくて意地でも食いついた。しかし派遣で生きていけないのもすぐ察知してブログを始めて収益化を試みました。

 

 

 

 

 

 

なのに辞めてしまったんですよ。派遣

 

 

スポンサードリンクスポンサードリンク
 

 

6月から始めたブログも小遣い以上の収益を叩き出していて、その頃改悪に次ぐ改悪に嫌気を射して辞めてしまったんですよ。その派遣。

 

 

で今年に入るや否やっていうかなだいなだですよこんなん。そういえば私の小学校の教科書になだいなだはんの「逃げることは、ほんとうにひきょうか」なんて当時の私にぴったりの題の話が載ってましたね。

 

 

それからよく似た仕事探すんですがまず覚えるところで蹴躓く。いざやったらミスの連発。

 

おいおい…。こう見えても俺はかつて経営者で今もブログでそこそこの金になってんだぜ?ってタッチの和也ばりな気分になっても今はこの派遣リーダーの言う事聞いて仕事覚えなきゃ生活出来ない。

 

 

 

f:id:jyugeru_09:20160906211522j:plain

 

 

 

でも全然覚えられないtefuさんなら多分こう言うたやろな「海馬体落としてしまったのですが」

 

 

ここまで私は極端な人見知りが招く悲劇だと思ってったんですがどうも違ったようです。

 

 

 

 

 

次から次へ上書きされる脳

 

 

朝会社に行って上司に

「おっさんさん。この書類昼までにデータ入力しといて」

と命令されたとします。これは上司の勅命でありなにがあっても優先させる事項であります。そこで直属の上司から受けた勅命をしつつ新しい別の仕事に関しては終わってから入る。凄く当たり前の話です。

 

しかし私は

 

「おっさんさん。この書類昼までにデータ入力しといて」と言われて取り組みます。30分ほどして違う人が

 

「おっさんさん。それ終わったらこれポストに投函していて下さい」って依頼がきたとします。もう気になって仕方ありません。

 

この時点で私の脳内は勅命よりポスト投函が上書きされ優先されます。

 

その後別の人から

 

「おっさんさん。昨日のこの入力違ってましたよ。時間があったら訂正しといてください。」

 

これで私の脳内は訂正>>>ポスト投函>>>勅命の優先順位になります。常に新しい情報が上書きされて優先されます。もう気になって訂正作業にかかってます。でも勅命も気になるから気もそぞろでやってます。なんかミスりそうな予感を孕みながら訂正しています。緊張してるからおしっこが近くなりトイレに行った帰りに見た廊下の非常ボタンの赤いランプを見てポストを連想して投函にいきます。

 

 

結果的に勅命は勿論時間内に終わらず、訂正はまた訂正が必要で、違う書類を投函してて朝から昼までに何一つ仕事が終わってない事なんてしょっちゅうです。

 

 

 

そこで意を決してカウンセリングの予約を入れる事にしたんです。