読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDのおっさんの挑戦状

最近ADHDが発覚したおっさんの話

ADHDのおっさんいざ受診へ

診察

こんばんは。趣味は電子タバコとゲームなおっさんです。

 

 

さて前回までADHDとはなにか?仕事を通してなぜ発覚したかを書いてきました。

 

まあ見ての通り社会に迷惑しかかけていない忌み子ですよ。忌み子と言えば飛影なんですがADHDにはテンパる力こそあれど邪眼の力はありません。

 

ここは結構重要な事でネットで

 

仕事 覚えられない や

 

仕事 ミス 多い

 

なんかで検索しまくりました。ただ頭の片隅にADHDの可能性があったのも確かです。

 

 

 

 

 

ネットのADHDテストを安易にするのはおすすめしません

 

 

 

基本的に仕事のミスが多い場合寝不足っていうのは大きなwaitを締めています。人間は7時間寝て夕方まで持つ戦闘力で6時間睡眠になると午前までで午後からはしんどいそうです。

 

2015年の6月にブログを始めてからというもの平均睡眠時間は4時間でした。

 

それまでの私は寝入りが異様に悪く寝たら中々起きない神経質な無神経ってとこでした。

 

 

 

 

f:id:jyugeru_09:20160910000844j:plain

 

しかし慣れると4時間でも起きて帰宅して倒れることもなく継続していたら、4時間経ったら目が覚める様になってしまいました。

 

まあ私もそろそろ余り寝られないお年ごろかななんて思ってました。

 

祖父や父が高齢になってこぼしてた口癖の域にいよいよ上陸みたいな。そんな気持ちだったんですけど朝早く起きるや残業がなくなると6時間睡眠ぐらいになってましたかね。

 

 

寝不足もあるんですが、ネットによくあるADHD判定やテストって言うのは設問が凄く広く、取り方次第で誰でもADHDになってしまうんです。

 

まあ、ああいうHP主もビジネスでやってる人や医者も多いからADHDに増えて欲しいんだろうけど。なのでADHDの人のブログや闘病記みたいなのを中心に見たほうが良さそうです。

 

 

 

 

 

ところでADHDに向く仕事なんてあるの?

 

 

 

 

私もただでは受診に行く気はなかったです。自分に合った仕事が分からないならADHDでも出来る仕事から選ぼうとしました。

 

 

 

でググッてみたら

 

 

 

注意欠陥/多動性障害(ADHD) の人が向いている職業

 

セールスマン

デザイナー

企画者

体育のインストラクター

ドライバー

起業家

企業家

営業職

芸術家

音楽家

プロデューサー

ゲームソフトやコンピューターソフトの製作者、開発者

 

 

http://edu.markelog.net/%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E6%B3%A8%E6%84%8F%E6%AC%A0%E9%99%A5%E5%A4%9A%E5%8B%95%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3adhd/%E6%B3%A8%E6%84%8F%E6%AC%A0%E9%99%A5%E5%A4%9A%E5%8B%95%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3adhd-%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%81%8C%E5%90%91%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%83%BB%E8%81%B7/

 

 

あのさあ…。

 

45のヘルニア持ちにハードル高すぎやろこれ…。

目指す事から始めなあかんやんけ。そこ目指す集中力を高めるなら現状就職出来るとこで高めるわ。

 

セールスマンや営業職っていうのは単独行動しやすい環境だからで、成績が悪いと会社から切ってくれるのがADHDに好都合という理由ですが、ここは大いに分かります。

 

ADHDは自閉症スペクトラムとは違って、普通に会話は出来るしコミュ障でもない。過去に散々自分由来で迷惑をかけてきた自覚があるから基本的に従順で大人しい。なので出来が悪くても会社も一生懸命勤怠に穴を空けない従業員は切りにくいんですよ。

 

だから私も退社相談に伺ったら引き止められる事もありました。

 

 

 

 

 

 

おっさんのADHD診察の病院選び

 

 

スポンサードリンク
 

 

ADHDは専門医がいますが日本ではまだ少なく大都市の大きな精神病院にかからなくてはなりません。しかしそこに行くための紹介状が簡単に用意できません。更に言うと専門医のいる病院は半年以上待ちがかかります。

 

専門医にかかる理由はADHDの適正テストを行えることで、これにより誤診を大幅に防げるメリットがあります。

 

しかしながら私が検索した結果専門医がいるのは都内になり。千葉くんだりから2週に一度3000円の交通費と診察、薬代を考慮して通院の度に10000円出すのはかなり厳しい話です。

 

 

近所の病院でも扱ってるのですが、基本的には子供のADHDで大人になると情報が少なくなります。

 

また病院クチコミは食べログやAmazonレビューより信用性にかけるのは見知らぬ土地、千葉にきて病院に行く度に痛感していました。

 

 

 

 

 

 

そこで福祉センターに相談に行こう

 

 

 

社会や医学的通念上、ADHDは発達障害のカテゴリーなので子供の障害扱いになります。

 

そこで私の場合は区の福祉センターに行きました。福祉センターがわからない人は役所に行けば教えてくれます。

 

 

そこの職員に正直に自分はADHDという発達障害の可能性を感じていて検査したいと言えば、提携してる医院なら予約まで取ってくれたりしますが、私の場合は症例が少なく、市内にある精神病院の一覧のプリントの中から二件チェックを入れて頂き

 

この2院で扱っているのを聞いた事があるが、専門医なら千葉の田舎の山奥の病院か都内になると言われました。

 

私は例を言って通院に便利そうな病院に電話をしたら

 

 

本来なら9月まで初診の枠がない(電話したのは7月)けどたまたまキャンセルが出たので明後日来られますか?と言われたのでその場で予約を入れました。