ADHDのおっさんの挑戦状

最近ADHDが発覚したおっさんの話

ADHDのおっさんと薬

今日は休みなのですが朝から大雨で起きてからダラダラしております。そろそろ止んだり小ぶりになりつつあるのでブログ更新したら出かけようかなとか考えております。

 

ADHDの特性に家でじっと出来ないっていうのがあります。ただこれは自宅でこもるADHDも少なくないです。なんでじっと出来るかって言うと金がないからで仕事して多少ないしの小遣いがあるADHDは家にいません。

 

アクティブに外出するってわけでもなく自分の行きたいところをとてつもなく要領の悪い回り方して適当に散財して帰宅してきます。

 

 

散財とは1日にカフェに三軒回ったり闇金ウシジマくんの三巻が自宅にあることも確認せずに買ってしまったりみたいな事です。

 

 

 

 

 

ADHDのおっさんの買い物

 

 

私は今電子タバコが趣味で買い漁っています。電子タバコと言ってもvapeと言われる種類の物は昔の禁煙パイポに毛が生えたような物ではなく非常に高性能です。

 

まあ昨今の禁煙パイポも電子化されているんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このvapeという電子タバコは基本的にAmazonや楽天等の通販か中華系通販サイトを使う事になります。

もちろん国内に電子タバコショップはありますが基本的に体に落書きを入れた常連客とスタッフがカウンター越しに煙を吐いている風景に遭遇するので入りにくいったらありゃしない。

 

 

こんな入りにくい店は引っ越した先での散髪屋探し以上ですよ。

 

まあ通販の方が安いし対人しなくていいから便利なんですが。

 

 

そこでコイルという部分は消耗品でそのバッテリーとアトマイザーに適した物を買う必要があるんですが何度も確認不足で使えないコイルを買っています。

 

ADHDは脳内の報酬系が非常に貧相なのでそこを埋めようと買い物依存になりやすいってか金遣いが異様に荒くなります。

 

 

金遣い、性行為、酒タバコ、ギャンブルにはまるADHDは後を絶ちません。

 

 

 

 

 

 

タバコとADHD

 

 

そんな中タバコに含まれるニコチンはに依存しまくるADHDは本当に多いです。実はニコチンはADHDには有効なんですよ。

 

ADHDの欠けている部分を埋める作用があります。

 

 

 

 

 

ニコチンの脳内作用機序

 

 

ニコチンが脳内に入ると脳内伝達物質のアセチルコリンと同等の働きをします。

 

アセチルコリンはドーパミンやノルアドレナリンという気持ちいい系の所謂脳汁の一種でドーパミンやノルアドレナリンが放出される際は一緒に出ます。

 

気持ちいい時ややる気がある時に体中力が入って筋肉が収縮している感じはアセチルコリンの役目になります。

 

 

ニコチンを摂取することで脳はアセチルコリンを出すのを辞めてしまいます。ただニコチンの作用時間非常に短い為にニコチン切れ=アセチルコリン切れでイライラしてまたタバコを吸ってしまいます。

 

 

これがいわゆるヤニ切れという状態なんですが、ニコチンが入ると通常放出されるアセチルコリンより強い効き方をします。なのでADHDはここにコーヒーをぶっこんでダブル覚醒させます。

 

これには浅野も村上もコージもびっくり。

 

 

これはドーパミンを増やすコンサータやノルアドレナリンを増やすストラテラに似た作用が出るのでADHDの補填してくれます。

 

ただ惜しむらくはニコチンの作用時間は体感1時間もないことですが。

 

 

 

 

 

 

依存性の強いADHDがタバコをやめられないってのはありますが、タバコがADHDを助けている部分もあります。

 

 

この作用機序上当然ダウナーに働きかける酒とADHDは最悪ですよ。ネプチューンマンとザ・ブドーみたいなもんです。ADHDがダウナーになると自堕落廃人の出来上がりですから。

 

私は下戸ですしお酒の場も好きではありませんが。

 

 

 

 

 

ストラテラその効果

 

スポンサードリンク
 

 

前回の記事で私はストラテラを処方された事を報告しました。

 

 

 

 

jyugeru-09.hateblo.jp

 

 

 

吐き気の副作用は本当にきつくて恐怖症になるレベルでしたが別垢のTwitterで嘆いたところストラテラでエゴサかけてた人に「食べる前に飲む」と大正漢方胃腸薬チックなアドバイスを頂き実践したところピタッと吐き気は止まりました。これには本田翼も歓喜ですね。

 

 

 

 

 

 

ストラテラの副作用

 

 

このストラテラ副作用がとても多いんです。

 

食欲不振、性欲低下、男性機能不全、吐き気、不眠、眠気、凶暴性、多汗、口渇、排尿困難、便秘、肝機能異常などなど。

 

基本的に三環系抗うつ剤の副作用を踏襲している感じですがこの中で私を襲ったのは性欲低下、勃起不全、口渇、眠気、汗でしたね。

 

 

性欲低下ってもう低下ってレベルではなくて興味すらない。悟っちゃってる感なんですよ。多汗も汗が汗を呼ぶ感じで隠す為に上に軽く羽織ったらそれすら湿るレベル。

 

口渇は最近歯周病の歯科通院を完走し終えた私に唾液が出ないのは瞬間的に口腔環境をパレスチナに変える威力でしたね。

 

特に心配なのはストラテラは常時一定の血中濃度を求められるって事は肝代謝してるわけで高額医療費でC型肝炎治療でウィルス検出せずまでいったのに肝臓を弱らせるとウィルスを呼ぶようなもんです。

 

 

 

9999年に一度ドロロンって呼ぶと出て来るドロロン号みたいなもんですよ。

 

 

 

 

 

 

ただこれだけではマイナスなストラテラですが、実際は効いている部分もあります。それは次回以降にに持ち越します。