読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDのおっさんの挑戦状

最近ADHDが発覚したおっさんの話

ADHDなのか双極性なのかこのまま主治医を信じていいのか?

こんにちは。ちょっと風邪気味でして症状が一進一退、魔封波対魔封波返しみたいになっております。今のところ軽い咳がと鼻水が出る程度なんですが葛根湯とビタミンCで対策しております。

 

 

 

 

さてあれから増量されたジプレキサですがどうも飲む事に抵抗を感じています。軽い副作用に関しても凄く嬉しそうにしてた辺りADHDをあまり診たくないのかも知れません。しかしながら目下の私の悩みは仕事のミスの多さであり、仕事に関する指導への理解力のなさです。

 

 

ジプレキサを半量10日ほど飲んで見ましたが仕事のミスは増えている傾向です。

 

ただ今現在仕事のミスを計れるスカウターになるような作業がないためにはっきりとは分かりませんが当初衝動性を抑えることのみに特化させるべく処方されてジプレキサですがどうも短気がちでついつい余計な事を言ってしまい浪費は圧倒的に増えています。

 

 

 

そのことも説明しましたがこれはジプレキサによる躁転だと嬉しそうに効いてますよ宣言しちゃう主治医を見てこのままだと人生そのものが効いてしまうと言う不安しかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ADHDか確かめるためにWAISⅢを受けようと思う

 

 

 

凄く基本部分から話しますが私は精神科医をあまり信用していません。20年近く前に抑うつ神経症で2年既往した病院であっさり急に感情障害と言う名目に変えられて薬も大幅に変えられた記憶があります。

 

 

その後その件でややあって病院を4.5回変えましたが病名を宣告しない主治医って凄く多いんですよ。

 

 

 

これ案外困るんですよ。ただこれは医者にすればレントゲンやメスで開いて原因がはっきり分からない分野だけに極力誤診を修正しやすくする自衛手段ではあると思います。

 

 

私の場合やる気がなく無気力だった事が長かったから。そういう申請をすると必ずデパスとレンドルミンとアナフラニールとか出されます。デパスやレンドルミンは効くんですが無気力ややる気に抗うつ剤は効かない。効く人もいるでしょうがその場合セロトニンからきてる人なんだと思います。

 

 

効かないので効かない、やる気が出ないを繰り返すとトフラニール等と言ったきつい抗鬱剤が処方されます。飲むと怠いし動けないし眠いしでイライラしてきます。すると大体イライラを抑える為にレボトミンやセレネースを処方されるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなるとやる気どころかとにかく薬で抑え込まれて日々の生活がなんとか出来る程度にしかなれません。当時はそれで良かったんです。仕事してなかったし日々余計な事を考えず生きれば。

 

 

 

でも今は仕事をしたいんです。人並みとは言わなくても迷惑かけない程度に。

 

 

そこでジプレキサなんか飲んだらまたダルくて動くのもやっとになるじゃないですか。

 

 

まず私は仕事のミスを減らし人の会話を理解出来る、人の話を最後まで聞ける人間になりたくて診察に挑んだんです。じゃなきゃ少々の事で精神科なんて受診しませせんよ。

 

 

ストラテラの副作用で処方中止になったのは仕方ありません。しかしストラテラは確実に効いていました。少なくとも改善したい項目はいつかレ点をつけられるぐらいにはなっていました。

 

 

 

面倒なことは面倒ですが面倒ながら出来る様になるのと面倒なまま放置するのは全然違います。

 

 

ADHDに摘要される薬はストラテラとコンサータです。せめて次はコンサータと言うプロセスは提案して欲しいものです。

 

 

 

おそらく私は発達障害から双極性に変わっていると思います。

 

 

 

しかしこれでは私の改善したい部分は全く改善されません。

 

 

 

そこで発達障害かを調べるWAISⅢの検査を受ける事を決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこでADHDのWAISⅢを受けるか

 

 

スポンサードリンク
 

 

とにかく主治医は今私にジプレキサの副作用が出ることは効いてる事だと嬉しそうに宣っております。

 

効かない人間は副作用が出ないそうで。もし仮に私が双極性でジプレキサが劇的に効いてもそれを飲むことはありません。だって仕事のミス減らないもん。

 

 

今度は真正面から検査を受けて自分がADHDかどうか知ろうと思います。

 

 

いやまあ最初からそうしとけよって話なんですがね。

 

 

 

 

WAISⅢとは

 

 

 

WAISⅢとはウェイクスラーと呼ばれる知能検査でこれにより思考の偏りが分かるようになります。ドーパミンってのは濃度が測れないからね。

 

 

ハカイダーみたいなメット型にしてもドーパミンが湧いてるのは見えないからね。

 

 

詳しくはこちら

 

 

 

広汎性発達障害のWAIS-Ⅲ知能テスト - Yahoo!知恵袋

 

 

 

 

WAISⅢは精神科や大学病院で受けられるそうです。私はC型肝炎の定期検診で3ヶ月に一回大型病院に通院していますのでその際に紹介状を書いていただくつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当面の間はこのままADHDで生きていきます

 

 

 

 

 

ジプレキサは飲みません。改善される部分はあるでしょうがそこは私の望むところではありません。

 

しかしWAISⅢを受けるまでADHDだと困る局面が出てくるのは確かで私はおそらく来年は再独立に向けた激動の年になり打ち合わせ等も増えてきます。以前の様に完全一本独鈷で生きていくほど生易しい世の中ではないのでちゃんと話が聞けないのは命取りになりかねません。

 

 

 

 

幸い私はストラテラが即効性があります。飲んでなかったストラテラが大量にあります。ここ一番はストラテラを飲んで挑むつもりです。

 

 

 

 

いやまあそりゃ百戦錬磨の医者と素人判断じゃ医者を信用すべきなんですけどね。